ハイドロキノン クリーム 市販

はじめに

シミを消したいと思っている方におすすめしたいのは、ハイドロキノンクリームです。ハイドロキノンのシミ消し効果、ハイドロキノンクリームの市販品にはどんなものがあるのか、選び方、などを解説していきます。

目次

1.ハイドロキノンとは
2.ハイドロキノンクリームを選ぶ際のポイント
3.ハイドロキノンクリームの正しい使い方
4.市販のハイドロキノンクリームのご紹介
5.ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は低刺激で高いシミ消し効果

1.ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは、絶大なシミ消し効果で知られています。ハイドロキノンは天然の成分で、コーヒーや麦芽、ブルーベリーなどに含まれています。

 

ハイドロキノンは、なぜシミを薄くしたり消すことが出来るのでしょうか。シミというのは、肌が紫外線を浴びるなどの刺激を受けて、メラニンが生成されることによって出来ます。ハイドロキノンには還元作用があり、シミのもとであるメラニンを還元して薄くすることが出来るのです。これはアルブチンやコウジ酸、エラグ酸といった他の美白成分にはない作用です。普通の美白化粧品はシミの予防は出来ても、シミを消すことは出来ません。ですが還元作用のあるハイドロキノンは、それが可能なのです。

 

シミの元であるメラニンが作られる過程には、メラニン生成酵素であるチロシナーゼが関係しています。ハイドロキノンには、このチロシナーゼの働きを抑える作用もあるのです。メラニンはメラノサイト内で作られますが、ハイドロキノンはメラノサイトの活性も抑えます。つまり、ハイドロキノンはシミ消し効果だけではなく、シミ予防効果もあるのです。

 

今あるシミにもシミ予防にも、ハイドロキノンは有効であることがおわかり頂けたと思います。ただしハイドロキノンには、刺激が強い、安定性が悪く酸化しやすいなどの性質があるため、使用上は注意も必要です。

2.ハイドロキノンクリームを選ぶ際のポイント

ハイドロキノンには、安定性が悪かったり刺激が強かったりと、難しい点もあります。では市販のハイドロキノンクリームを選ぶ際には、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。

 

選ぶ際にまず見て頂きたいのが、ハイドロキノンの配合率です。通常、市販品は配合率が1%未満〜4%です。配合率が高いほどシミ消し効果は高くなりますが刺激も強くなり、肌の炎症などのリスクが高くなります。出来れば低濃度のものを使った方が、肌への負担は少なくなります。病院で処方されるものはハイドロキノン配合率が5%以上と高濃度ですが、必ず医師の指導のもと使ってください。

 

ハイドロキノンには、安定性が悪く酸化しやすいという性質もあります。酸化したハイドロキノンは、肌を刺激します。ですが、安定性を保つように工夫されたハイドロキノンクリームでしたら、肌への刺激も抑えられます。

 

肌への負担を軽くするためには、ハイドロキノン配合率があまり高過ぎないもの、ハイドロキノンの安定性が保たれているものが望ましいといえます。とはいえ、シミ消し効果が低いのでは困ります。そこで注目したいのが、ハイドロキノンの浸透率です。浸透率が高くケアしたいシミに確実に成分が届けば、少ないハイドロキノン量でも効率的にシミのケアが出来るというわけです。

 

刺激が少なくてシミ消し効果も期待できるハイドロキノンクリームは、ハイドロキノン配合率が少なめで、ハイドロキノンの安定性が高く、肌への浸透率が高いクリームということになります。

3.ハイドロキノンクリームの正しい使い方

ハイドロキノンクリームを使う際は説明書をよく読み、各メーカーが指定する使用方法をしっかりと守ることが大切です。塗布する範囲も、そのクリームによって顔全体に塗って良いもの、シミのある場所だけにスポット塗りするものなどがあります。説明書をよく読んで確認しましょう。またハイドロキノンは安定性が低い成分なので、使用後はしっかりとフタを閉めて冷暗所に保管をします。使用期限の指定がある場合は、きちんと守りましょう。

 

肌にハイドロキノンを塗った状態で紫外線にあたるのは、避けなければなりません。色素沈着の恐れがあるからです。ハイドロキノンクリームは、基本的には夜使うと考えて良いでしょう。朝はしっかりと洗顔をして、顔についたクリームを洗い流してください。どうしても日中に使いたい方は、しっかりと紫外線対策をしてください。日焼け止めクリームを塗り、日傘や帽子などで紫外線を防ぎましょう。

4.市販のハイドロキノンクリームのご紹介

市販のハイドロキノンクリームの購入は、ドラッグストアやデパード、ネット通販などで可能です。ここでは、市販のハイドロキノンクリームにはどんなものがあるのかをご紹介していきます。

 

*ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9
医療でも使われているQuSomeという浸透テクノロジーを応用しています。ハイドロキノンは1.9%と低濃度ですが、高いシミ消し効果があります。敏感肌の人でも使える、低刺激のハイドロキノンクリームです。公式サイトからご購入ください。15g入り。

 

*リバイバラブズ ブラウンスポットナイトクリーム
ハイドロキノンを2%配合したアメリカ製のハイドロキノンクリームです。お休み前のお手入れにお使いください。お値段も千円台と、リーズナブルです。アマゾンやヤフーショッピング、@コスメなどから購入出来ます。42g入り。

 

*濃厚本舗 ホワイトクリーム
純ハイドロキノンを2%配合しています。アマゾン、ヤフーショッピング、楽天などから購入可能です。リーズナブルなので試しやすいです。30g入り。

 

*プラスキレイ プラスナノHQ
プラスキレイは、ハイドロキノンを専門に扱っています。ハイドロキノンを4%と高濃度配合していて、スポットケアに最適です。公式サイトから購入出来ます。5g入り。

5.ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は低刺激で高いシミ消し効果

ハイドロキノンクリームの選び方は、「2.ハイドロキノンクリームを選ぶ際のポイント」
でご紹介しました。肌への刺激が強いハイドロキノンクリームを安心して使うためには、なるべく刺激が弱いクリームを選ぶ必要があります。そのためにはハイドロキノン濃度が高過ぎないもの、浸透性が高いもの、そしてハイドロキノンの安定性が高いものを選ぶことです。

 

そこでご紹介したいのが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9です。このクリームは、ハイドロキノンの配合率が1.9%となっています。市販でも4%配合、5%配合のクリームがある中で、決して濃度が高い方ではありません。ですが、医療にも使われているQuSomeという浸透テクノロジーを応用することにより、ケアしたい部分に確実にハイドロキノン成分を届かせることが出来るのです。QuSomeホワイトクリーム1.9は、ハイドロキノン配合率が1.9%でありながら、4%配合と同等の効果があるのです。ですから、肌への刺激が少ない低濃度でも、シミにはしっかりと効果を発揮するのです。また、ハイドロキノンをQuSomeで包むことにより安定性も保っていますから、肌への刺激がさらに少なくなっています。ハイドロキノンクリームは刺激が強くて無理だったという方でも、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9ならば大丈夫だったという方が多くいます。

 

ビーグレンは、美白に関しては先進国と言われているアメリカの会社です。カリフォルニア大学の元教授である薬学博士ブライアン・ケラー氏が、日本人の肌に合わせて開発しました。製造も日本で行っています。ビーグレンには、365日24時間やっているカスタマーセンターもあります。ホワイトケア トライアルセットは、QuSomeホワイトクリーム1.9を含む5アイテムが入って1800円とリーズナブルです。ビーグレンは365日返金保証なので、万が一気に入らなくても心配がなく、安心してお試しいただけます。

 

女性なら誰しも、シミのない美しい肌を手に入れたいものです。シミ予防ももちろん大事ですが、「今あるシミこそ、なんとかしたい!」と思っている女性には、ハイドロキノンクリームが最適です。ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9でしたら刺激が少なく、ハイドロキノンを使うことをためらっていた方にもおすすめ出来ます。まずはお得なホワイトケア トライアルセットで、ハイドロキノンのシミ消し効果を実感してみませんか。